トイレットペーパー買い占め騒動はアメリカでも発生。人々は最悪のシナリオに備えて銃弾も買う


Good morning everyone. This is Kaoru Kamikawa. The topic I’ll cover this time is to tell you about American movement. Now in countries around the world, especially those with big problems, The turmoil of toilet paper purchases has occurred in various places. This has been the case in Europe and elsewhere, as has Southeast Asia. However, it is American-like, and in addition to this, a lot of bullets are sold. It’s an American event, but let’s talk a bit about that this time. So please listen to the news first. In the United States, toilet paper purchases begin. On February 25, the CDC Disease Prevention Center issued a statement saying, “Be prepared.” Media from related organizations and others called for stockpiling for two weeks one after another. Originally, only the first weekend we greeted a lot of people buying bulk on the weekend, Shops here and there were strangely busy. Costco, famous for bulk buying, has long queues before opening. In Silicon Valley, cash register length was a hot topic. Particularly difficult to obtain are surgical masks and alcohol disinfectants. Out of stock online, and in Southern California and Boston on the east coast, The news is that the mask is sold out. According to the CDC and WHO, “masks are worn by sick people and have little protective effect.” In the United States, there is no custom of walking with a mask on, I still don’t see many masks in town. Nevertheless, the lack of stock is probably evidence of stocking somewhere. Toilet paper was scarce in the average supermarket with stores all over the United States. Only a small pack of 12, etc. remained, and 48 or 36 packs had disappeared. The only remaining water is the size that can be carried around. Anything over one gallon of 3.78 liters is sold out. Surprisingly, the rice was running out. Vinegar, cup ramen, cereal, canned food, pasta, snacks, etc. are also scarce, It’s interesting to be able to find out what you want to eat when you enter a two-week isolation life. By the way, the masks were sold out at Japanese supermarkets, but they will be available in a few days. “Some customers bought a lot of papers,” said a clerk, At this store, there still seemed to be enough stock. In addition, at a certain drugstore, “There is no half of the products in the store” The chain store has changed operations and there is no staff to replenish products with a significant cut in personnel. Rumors rumors that there were experts on TV saying, “What to prepare now is a flashlight, radio, candy” “It’s another disaster,” he said. While various information is complicated, The word that one media put the preparation list at the end was excellent. It’s Keep Calm calm. It is being called for “Everybody keep calm”, People seem calmly prepared for the worst. U.S.A. ammunition sales spike “prepared for worst case” In the United States, sales of ammunition for firearms are growing. Ammo.com, an online mail-order company for ammunition, announced today. “We believe that masks and medicines are not enough for our customers. No matter what happens, we can protect ourselves and our family and it’s a smart choice. ” According to the company, the number of transactions jumped 68% during the 11 days from February 23 to March 4, compared to the previous 11 days. Gold prices, which are linked to ammunition sales, are also rising. According to the company’s representative, the increase in ammunition sales has been mainly If there is a political event that makes you feel you will lose your right to possess a gun. This is the first time this has led to such a surge in sales. Also, the American Rifle Association’s public relations magazine “ American Rifleman ” advocating the right to possess guns, An article with the same meaning was delivered on the 5th. Another ammunition company, whose sales have doubled, “It’s clear that customers want to be prepared for the worst case,” he said. In addition to spending more time at home, “Is there a riot over daily necessities?” Concerns seem to have boosted ammunition consumption. The difference between Japan and the United States is the way of thinking about this gun. In Japan, only certain occupations and very limited people can have guns, In the United States, even getting permission is easy, and many homes have guns. Of course, the ownership rate is different between the city and the countryside, However, it does not prohibit guns themselves. There are states that have less or more restrictive states, Despite any gun criminal offenses, full gun control is a country that is hard to come by. And this time, the stockpile of daily necessities such as toilet paper and those used by everyone was called for, And many are preparing to rush into supermarkets and stay home. The fact that a large number of bullets are being sold is a very American movement. Speaking of why it is like the United States, the United States is a developed country, but at the same time, riots also occur. For example, after a huge hurricane strikes, it is common to loot goods. Also, in political gatherings and the like, it was too exciting, It can develop into a riot that can cause great mayhem. So, by the CDC’s call to “stock,” “Oh, this could be a tough thing.” It’s no wonder that many people thought that. Depending on the person, of course, such a CDC called, There are, of course, many optimists who say that it has nothing to do with me. In the United States, these worried people and the worst optimists One of the characteristics is that there are so many pieces. Not everyone is all pessimistic, not everyone is super optimistic. And those who take the problem very seriously, Given the likelihood of a product going missing or something like a riot, In order to protect our families, we need to have strong defenses in place. Thinking is not a strange story. That’s what if a logistics system stops working, Things like hitting someone’s house happen on a daily basis. It is not surprising that some people have such anxiety. If the security situation worsens due to economic turmoil, That’s why some people can take advantage of the confused situation and attack stores and the like. So, while the United States is a developed country, everyone has a gun, At the height of confusion, there is a good chance of using the gun as a weapon. It could be a criminal or a weapon to protect yourself. If both have weapons, they can’t protect themselves unless both sides are prepared. But when it comes to this issue, it ’s a desolate world where everyone uses guns, I don’t think it’s an event that has end-of-life thoughts. Of course there is a huge impact on the world economy and unemployed people may flood the city, There is such a problem. If you plan to travel to the United States soon, you may want to be careful. Unfortunately, in Europe and the United States, Asian people are considered dangerous. It has been reported several times in news. And there’s a good chance of getting involved in gun crime. What are your thoughts on this news? Please leave a comment by all means. So, if you haven’t subscribed to the channel, please register at this opportunity. And after watching the video, please click on the evaluation button. Let’s see again in the next video. See you again

76 thoughts on “トイレットペーパー買い占め騒動はアメリカでも発生。人々は最悪のシナリオに備えて銃弾も買う

  1. アメリカのマスクも、C国の買い占め要員の仕業ですかね😓

  2. 銃弾の買い占めはやめて欲しいですね。ただでさえ銃犯罪が多いのに何故銃弾を買い占めるのか分かりません。

  3. 「それは他の災害だろ」
    確かに感染症菌の対策では🔦懐中電灯などは必要無いかも?
    でも、銃弾は???です。

  4. 銃弾、真っ先に考えた、暴動、略奪がおこるので当然でしょう。

  5. 来年は花粉症の為にマスクは3ヶ月分ストックするぞ٩( Ꙭ)و
    お国柄なんでしょうがストックに銃弾が必要ってトイレットペーパーで殺人事件?

  6. コロナインディアンが襲って来るとか?
     しかしついさっきニューヨークダウがストップ安の方が怖い。
     今は1400ドル安まで戻した。

  7. トイレットペーパーの為に殺人なんてね ありそうで怖い

  8. ヒャッハーかゾンビ映画のようだ
    ホームセンターにでも立て篭もろうかw

  9. 銃弾が売れるのは当然でしょう😄
    暴動や強奪が起きる可能性が大きいから🔫

  10. マスクしてたら撃たれそうですね。私なら防弾ベストと防弾ヘルメット買うけどな。お国柄が出ますね😅

  11. 12個入トイレットペーパーが小さい分類なのかあ・・・

  12. ゾンビみたいに567が来たら、撃つってこと?暴動は、うつるからやばいでしょ、集まっちゃダメ

  13. 人間らしい反応ではないだろうか。
    防御か攻撃。切迫した場合には脳が判断します。素手で武器に応対しても到底かないません。パニックになるだけと思います。武器を使い慣れた民族をおさめる事ってできるでしょうか。

  14. 銃弾は日用品のような扱いですね!
    これを見て、
    他国との違いがハッキリわかりますね
    沖縄旅行で、カバンに一個紛れ込んで空港で検閲に引っ掛かってる他国の方がいたのを覚えてます。出国時に検索してないのかと!驚きました😓
    それだけ自分の身は自分で守ると言う、日本人とはかなり考え方も違うと思います
    それが、労働で入ってくる事をとても心配します。

  15. 普通は、水、食糧、電池 だろ。 水1ガロン チョット見てみたい。
    撃たれる前に、撃て !! あぶない一般人

  16. アメリカという国は怖いですね。自分を守るる為なら銃をつかう、日本人には理解出来ません。トイレットペーパーの買い占めは何処の国も一緒なのですね。この騒ぎ早く終わりますように願っています。

  17. 夜空を見上げて思い出せ
    ナイトライダー

  18. 今旅行しないといけないっていうなら自由ですけど、個人的にはオススメ出来ませんね。
    日本政府の対策は極力人の集まる所へは行かない様にって事ですから。
    政府の話は濃厚接触に重点を置いてますが、空気感染やエアロゾル感染?ペットからの感染も疑いがあるので。
    感染するもしないも個人の自由と言われればそれまでですけどね。

  19. 防弾ベストやノンリーサルウェポンも売れたら良いのにね?
    災害で経済が悪化するだけでは駄目よ。
    代わりに正しく儲ける所は儲けないと機会損失になり経済が成り立たないもんね?

  20. 米だと暴動レベルじゃ済まない様な気がする❗️血生臭い事件が起きなきゃ良いけど😑😑

  21. ちょっとした切っ掛けでパニックになり、ムダに人死にが出るフラグにしか見えない
    米在住の日本人には、巻き込まれないように地道に目立たないようにして自宅に籠る準備を行ってほしい
    どうせ銃持ってないんだろうし、身を守る術は逃げるか見えなくなるか死んだフリぐらいしかない

  22. 外出禁止令の疑いと強盗防衛の為ですね(^_^;)

    農家でも有りますから(^_^;)
    自分は食べ物には、困らないです(^_^;)

  23. ロサンゼルス大地震の時、店主が発砲して黒人を威嚇してたの思い出した。
    一応だけど、その店主は白人ではない。

  24. 日本でも売ってくれ…
    憲法改正もしない
    軍事費も増やさない
    自分で守るしかないだろ‼💢

  25. アメリカ在住ですが、家は日本と比べれば広いし、ガレージも2つあるので、ふだんからトイレットペーパー、ペーパータオルなどは大きいのを2,3パック買い置きしてありますし、生活は特に変わらないです。
    銃は市民ではないため買えません。もちろん持とうとも思いませんが。

  26. 早く終息してほしいものですね。争い事は頂けません。

  27. デマに踊らされるのは何処も同じか😞💨
    銃が売れるというのは米国らしいですね😞💨

  28. カリフォルニアは民主党の牙城‼️
    トランプ兄さんは、真っ先に棄てるはず‼️

  29. 病気の人がマスクを付けるものっていう考え方まず、やめようやw

  30. 日本ではヌンチャクやトンファーやメリケンが飛ぶ様に売れるのか

  31. 弱肉強食だからこそ自衛意識も高い。
    日本の災害時に、略奪は起こらないのは、何日かすれば政府が手を打つ事が信じられてるから。
    いつ助けが来るか分からない状態になれば日本人も譲り合うかは疑問。今回の買い占めに片鱗を見た。格差が拡がればチャンスという火事場泥棒も出て来ると思う。

  32. 銃弾が売れるなんて、別の意味で命を守ることを考えるんですね。

  33. アメリカ・・・移民国家なので一括りには出来ないでしょうが貧困者は物資無ければ暴動起こすでしょうね過去を振り返っても😱 今、アメリカ行くのが一番危険かも?

  34. ウイルスが狂犬病の要素があって、ゾンビウイルスだったら銃弾以外に日本刀やブッシュマンナイフも馬鹿売れだったろう

  35. 深南部に数年暮らしたことがあります。比較的大きな街で治安は良かったです。
    静かな住宅地住まいだったので銃声を聞いたのは一度だけ。(^-^;;
    下手をすると庶民的なスーパーやスポーツ用品店で銃を売っていることがある。
    会社の同僚(US人)十人くらいに尋ねてみたら、半数が車のグローブボックスに
    銃を入れていると答えてくれた。銃を持っているようには見えないのだが。
    あいつらも銃弾を買い足しているのだろうか。買うんだろうな。( ̄∇ ̄;)

  36. マッドマックスからバイオハザードへ続く前日譚をリアルタイムで観ている気分だ。

  37. えっ銃弾?(。・´д`・。)
    と思ったけど、最近日本も物騒ですね。
    何だか満月が近付くと犯罪が増えるみたいな感じで、社会が混乱しているのに興奮する人が出ているのかな?
    狼さんに気を付けましょうね。私達には銃がないのだから(´・ω・`)

  38. いぁいぁ、暴動の的は、ベトナムで活躍した、戦功移民の人種差別主義者だろ?(呆
    ベトナム虐殺犯を戦功を理由に、アメリカ社会に受け入れたら、マクドーのラウンジ、無職の年寄りに乗っ取られて、人種差別を理由に居座られてるンダロ?(嗤

  39. 転ばぬ先の杖
    ||
    予防は最高の治療法
    《英語例の訳》
    ことわざ,と行動,との差
    と言う物を感じてしまう。
    忌憚無くお互いの事を、
    言い合える所がアレバと思います。
    相手がアメリカナラネ❗

  40. 銃乱射事件が、起きて、、、日本人の感覚だったら、「銃を、取り締まらないと。」
    ふつ~のアメリカ人の感覚では、「対抗策として、自分も銃で武装しないと。」
    「取り締まる?、、、オ~~、ナンセンス。」 これが、アメリカ。 これぞ、アメリカ人。

  41. あの、特大サイズのショッピングカートに、ペーパー類や、食料品を、これでもかと山積みし、、、ぶよぶよに太ったオバちゃんが、レジに並んでる姿が、目に浮かぶわ。
    日本では、まず目にすることはないに等しい、特大サイズから売り切れていくというのも、、、如何にも、アメリカ。 キッチンの奥のストックルームに、入るだけ買いだめるんだろうね。

    日本人だと、一週間分くらいのストックがあればなんとかなるだろ、あとは誰かが助けてくれる、、、
    アメリカ人だと、誰かが助けてくれる保障などない、自分の身は自分で守らないと。

  42. 色々非難されているアメリカの銃保持問題だけど、いざ何か問題があった時、
    最悪の場合でも銃の取り扱いに長けた人を、直ぐに集める事ができます。
    この事を他国に知らせる事で、アメリカ本土に手を出すのは容易では無い。
    と思わせる事ができます。これが真の国防意識という物なのでしょう

  43. 銃弾w っていうか、俺も護身用品をAmaz〇nのカートに入れたわ(爆)
     今回の件のためじゃなく、今後起こる経済危機・食糧危機が来て混乱する。そういう時に国内の、特定の「ある連中」がヒャッハーした過去があるのは知っている。暴徒化した挙句に鎮圧されたのに、現在は「不当な被害を受けた」と言ってるわ。
     生コン議員が言ったように、頭から腐ってる人間と言うのは居るし、潜在的脅威として日本国内に多数存在している。

  44. 物価統制法が無いの?まあ、この法律は、オイルショックで制定された物で、買い占め禁止命令の法律なんです。通常なら、買い占め禁止ではありませんが、トイレットペーパーや、マスクといった日用品を緊急事の買い占め禁止を示す法律なんです

  45. 日本を笑っていた国が? でも流石と言うか恐ろしいのがアメリカ‼️ ですね。😱😱😱

  46. 欧米では普通に暴動等が起こるイメージしか無いですね…(゜゜)

    日本はそう意味ではなんでしょう…余り私は焦る気持ちにはなりません…個々人の性格かなぁ…?(^o^;

    日本に産まれて良かったとつくづく思いますね…(^o^)

  47. アメリカのそういうとこが大嫌い。
    なんでもかんでも銃持ち出す。

    こういうニュース見るとハロウィーンで射殺された日本人の少年のことを思い出す。

  48. ダンヤク? 一瞬 何の薬かと思ったワ。
    まさか、あの銃に詰める玉であの弾薬? エ〜💦
    ゾッ〜としてしまった。最悪のシナリオが銃になる米国。
    落ち着いて見れば納得いく。

    日本では考えられないけど、品不足になれば日本では空き巣や強盗が増えるかもしれない
    3 11を経験している私はライフラインが止まり、食料品が底をつく怖さがどんな精神状態になるかわかるので、常に備蓄はしています。
    私もデマに翻弄されるので、人の事は言えない💦
    その為に正しい情報が私みたいな人が減る。

  49. 所詮は日本と違い暴力と略奪の国😱😱😱😱

  50. 病気になってから買いに行っても遅いからでしょ

  51. 漫画「北斗の拳」の冒頭で最終戦争後の世界で家族を襲ったモヒカンが「今じゃケツを拭く紙にもならねえってのによw」とトランクの札束をばらまくシーンがあったけど、それは欧米限定で、日本だと「これで思う存分ケツが更けるぜぇぇw」と大喜びするモヒカンが正しい姿なのだなと思った。

  52. 恐ろしいなあ~米でパンデミックでもおきたら、コ○ナにでもかかったら、隣の人に撃たれたりして、、、、ヤダヤダ。。。

  53. これに関して忘れちゃいけないのは、アメリカには医療保険制度が無いと言う点。
    その為、医療機関は発達しているのに受診するのは金持ちくらいで、殆どの人が病気になっても受診しない状況です。
    その為、国家的に感染症に非常に弱く、インフルエンザで過去に一年で5万人死亡した年もあり、今年も既に1万人以上がインフルで死亡しており、そこにコロナが来襲したなら、暴動へ発展するのは全く持って考え過ぎでは無い、とても現実的な予測なのです。

  54. ゾンビに襲われる系の〜
    だれか日本の回復率を教えてやれよ〜
    kのは教えるなよ〜?
    米はkに、いやたけかんに近いかも知れん

  55. カナダ、オーストラリア、香港でも、買い占めがあるそうですね。トイレットペーパーを狙った犯行も起こったようです。

  56. 銃を持たせたのが失敗に思えます。
    日本も戦前な銃の保持が許されてましたが、アメリカ程、感情的にならない国民性だったから、良かったのかな⁉️
    何でも、明治維新で最初に銃を持つ様になったのは郵便配達員だったそうです。
    まだまだ山賊とか居たらしく、現金書留を守る為だったと聞きました。

  57. マイケルムーア監督は、銃を持っている市民は実は少数派だと言っていたが。

  58. 大統領予備選挙ではライフル協会を支持基盤に持つ方が勝つ。その伏線。

  59. アメリカは表向きは先進国だけど、何か事が起こる度に暴動や銃乱射事件が起きる国。
    見方を変えると実際は未開の後進国ですね。

  60. 私の高齢の知人は、DIYが身についていて"Just make sure"が口癖です。銃を身近に忍ばせて眠ることも、彼らが歴史から培ってきた護身のための習慣でしょう。この方の日常には「襲われたら相応の報復をする」心構えがあります。国籍、年代、民族、習慣….何もかも異なりますが、わが身に置き換えて考えさせられることがしばしばあります。

  61. お疲れ様です。結局民度ですね。現在の日本人で良かったと思えるひと時。

  62. 日本人は目を見て表情を判断しますが、米国人は口を見て表情を判断します。
    口を隠すと米国人は表情が判らなくなるので、不安になりやすいのです。
    マスクをするのは、こっちではサングラスをするような感覚なのでしょう。

  63. 神河が征く / わかるニュース解説 KKNewsNetwork

    🇺🇸 🇹🇼 🇷🇺 🇯🇵 🇭🇰 🇬🇧 🇮🇩 🇪🇸 🇹🇭 🇮🇳 🇧🇷 🇻🇳 🇩🇪 🇫🇷 🇵🇹 🇨🇳 🇰🇷

    日本語字幕を作成しました。
    承認をお願いいたします。

    【ニュース】
    1)「日韓仲良くしよう」動画始めました。
    https://youtu.be/gjiwPH5rCGc

    冷やし中華みたい(^-^)

    2)関連して、「textから音声にするアプリ」
    iPhone用でいいのないかな〜と探しましたら、なんといくつか出てきましたので、ご紹介します。

    ①「音読+」(無料版「音読」も同じ)
    今回、これを利用しました。悪くはないのですが、まだ機械的ですね。

    ②「Speech Central」
    メニューが英語ですが、音声がかなり綺麗です。「音読+」より自然です。

    ③「itext-speaker」
    これ、②よりもかなり自然に読み上げることができます。ただ惜しいのは、音声ファイルにできないことです。しかし作者様から音声ファイルにできる画期的な方法を伝授されましたので、ご紹介します。

    ④「Text to MP3」
    これ③よりかなり自然に読み上げます。さらにBGMまでつけられます、惜しむらくは、MP3に変換するときに、コインを請求されることです。毎回毎回少額でもコイン(100円くらい)請求されるのは、ちょっとなぁ…と思っていたら、なんと、自分でMP3に変換できる方法を発見しました(作者様すまん)。

    ⑤さらに、iPhoneのSiriにテキストを読み上げさせることも可能です 。
    https://link-man.net/tips/31362/
    この方法ならば、アプリは不要です。そして、音声ファイル作成は以下の方法で可能です。

    自分でも音声ファイル(MP3)にできる方法をご紹介します。それは、iPhoneの「画面録画」機能を利用することです。

    画面録画方法
    https://mag.app-liv.jp/archive/118545/

    これで読み上げている音声を「動画」として音声と共にカメラロールに保存されます。その保存したファイルから、「EZAudioCut 」というアプリを使用すると、動画から音声のみを抽出、更にカット機能で必要なところのみカットして、MP3ファイルにすることができました。

    これを使えば、「text to MP3」も、「itext-speaker」で読み上げた音声も、さらには「Siri」に読み上げさせた音声すら、無料で自分でMP3に簡単に変換できました。

    ということで、iPhone凄えな、というお話でした。😆

    🇺🇸 🇹🇼 🇷🇺 🇯🇵 🇭🇰 🇬🇧 🇮🇩 🇪🇸 🇹🇭 🇮🇳 🇧🇷 🇻🇳 🇩🇪 🇫🇷 🇵🇹 🇨🇳 🇰🇷

  64. アメリカは国の始まりから武器で現地人を脅して土地を収奪した経緯がありますからね。他者から襲われる恐怖に怯えて生活するより武器で対抗することがアメリカの伝統に則った手段だから安全性の担保に銃は欠かせないというのでしょうね。あたかも強者の論理のようですが野蛮な弱者の言い訳だと理解してやりましょう。安易に武器を使ってしまう心の弱さを隠すのも米国の伝統的な志向ですが、ひとたび暴動や内乱になれば血みどろになる危険があります。出来れば銃を出す前に話し合いで済ませましょうね。

  65. アメリカの場合、家から出たくないから買占めなのでしょうね。
    銃弾だけでなく銃の売り上げも急進中。
    ただ、アメリカではマスクしてるとバイ菌扱いされるのに、売り場から消えたのは不思議。

  66. 元々アメリカの国土・資源はネイティブアメリカンから「銃」と「奸計」をもって奪ったものです。
    だから現アメリカ人は常に銃が手放せないし弁護士と訴訟で権利を守らなければならない。
    これは歴史的な宿命なのです。

  67. 銃弾の購入に略奪ですか?日本でも昨年台風の震災に遭って自宅で掃除している人の家に押しかけて「契約のお手続きに来ました」等とほざいて、私達日本人から毎年7000億円の受信料を略奪している団体が在りますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *